2017_04
24
(Mon)18:58

桜散る。4月22日

4月22日、CDXの審査試験を受けて、見事、落ちますた。とりあえず、兄弟や諸先輩方の写真をご覧ください。
桜の散った花びらがアロの背中に乗っています。
H29041606.jpg

甥っ子のジュン君とユウ君
H29042201.jpg
かわい~。
H29042202.jpg

弟のスーちゃんのUD競技
H29042203.jpg
おみごと!!
H29042204.jpg

大御所のリボンちゃんママさんのUD競技
H29042205.jpg

H29042206.jpg

H29042207.jpg
見事!一席です。
H29042209.jpg

妹のチャコちゃんの新しいシェルティー。かわいかった~。
H29042208.jpg

そして、アロです。撮ってくださったのは、メディア&スバルパパさん。いつも有難うございます。
脚側から。
H29042210.jpg
八の字脚側
H29042211.jpg
招呼
H29042212.jpg
途中の伏せ
H29042213.jpg
伏せからの招呼
H29042214.jpg
平地持来
H29042215.jpg

H29042216.jpg
高跳び持来
H29042218.jpg

H29042219.jpg

幅跳び
H29042220.jpg

H29042221.jpg

座って待つ3分
H29042222.jpg
伏せて待つ5分(前足を曲げてしまった。)
H29042223.jpg

審査課題はアロはすべてできていた。高跳び持来の時、ダンベルを取ろうとした時、自衛隊さんの砲撃訓練の音に驚いて、逃亡をしてしまったが、優しい審査員さんはやり直しをさせてくれた。
問題は、ハンドラーの方だった。八の字脚側の時、無用な声符を大きな声でやってしまった。これは、この冬、訓練中に大回りになりがちだったので、付け!と言って訓練していた癖であった。また、すべての科目について、審査終了を頭の中で言って、すぐ、脚側に付けていたため、アロは練習どうりにやってしまった。声符と指符を知らず知らずのうちに、両方使っていた。
審査終了後、本部席の人に、犬はよくできている、あなたの声符で15点は引かれている。と指摘された。犬はあなたの声なしでも、きちんと着いてきている。とも指摘された。正直そのとおりであった。アロパパがアロに自信が持てないため、の失敗であった。
しかし、これで、光明が見えてきた。次の茨城では、修正して合格するぞ~。
アロ「がんばんべ~や!」
アロパパ「今度こそ合格すんべ!」
アロ「4連敗しても、くじけないアロ&アロパパにガンバレのポチッとお願いすんだ~よ。」→にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村
PS:アドバイスも大歓迎です。


スポンサーサイト

コメント

No title

アロパパさん、気合と気力。
大丈夫!!
アロ君、頼もしくなりましたね。
頑張ってください!!


2017/04/25 (Tue) 13:45 | 志音君ママ | 編集 | 返信

志音ママさんへ

励ましのお言葉有難うございます。次の茨城にすべてをかけて、頑張ります。それでもダメならハンドラーの素質がなかったと諦めて、競技会へのチャレンジをやめ、JCCからも撤退するつもりです。

2017/04/25 (Tue) 21:30 | アロ一家 | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/26 (Wed) 07:26 | | 編集 | 返信

志音ママさんへ

太字の文> 了解です。

2017/04/26 (Wed) 09:22 | アロ一家 | 編集 | アロ一家さん">返信

コメントの投稿

非公開コメント